第1弾 「涼宮ハルヒの戸惑」 エピローグ~1週目水曜日

早速ゲームセンターBJS(ビージェッエス)の更新なわけですが
予告通り記念すべき第一作目は「涼宮ハルヒの戸惑」です。

宣伝通りゲームを作るゲーム。完成した良作はプレイできるに違いない。(確認済み)

つーか初期メニューから何も変わらないのはどう言ったことですかぃ?
あー製作サイドの人間やっぱりそこにつっこんだーみたいな顔してるだろ絶対に!!!
普通時間経つとデモ画面とかなんかムービーとかになるだろー
なんだ忙しかったのか!手抜きか?間に合わなかったのか?最初からのコンセプトか?

ちきしょー!トーシローだからってバッカにしやかがって!!!
別にハルヒが好きだから買ったわけじゃありませんんんんんんんんんん!!!
アニヲタとかじゃないですから~必死扱いてまで買ったのは一度決めたら曲げれないプライドですからー

違うんです超勇者ハルヒに釣られただけなんです…
でも通常版買いました…

なんかとりあえず中身はともかくとしてなんか平成のPS2のゲームをよくやる人間としては違和感がある
ハルヒの人気に胡坐かいて納期に間に合えば売れるからいいよとか思ってんじゃねーのとか思っちゃうね
こういう細かいところやらない人嫌いです。いやコンセプトでわざとですとか言われたら「ん?梅しかったの?」と言い返します。

エピローグ
ここではまずハルヒがゲームを作りたいわーと無理言っていつも通り団員が振り回されて、ゲーム製作の知識も経験もない彼らが一ヶ月それこそ馬車馬のように扱き使われる。そして、なんとか完成までこじつけたのさ。と言うのがそれ。

ハルヒを知らない人のために若干、とにかく本当に若干ハルヒについてのの説明がある。

完成後、いつものOPでしょ~でっしょ~が流れて帰宅。睡眠。登校するとハルヒさんから「いいこと思いついた、ゲーム作るわよ」と言われる。
It’s Time Paradox!!!
ハルヒが完成に疑問を抱いたらしく4人はゲーム製作開始時に戻されてしまい、ハルヒが納得行くまで作り直すと言うのがここまで。

そこからゲームシステムを利用した物語の進行が始まる。
あっ言い忘れてたけど主人公=プレイヤー=キョンですよ。まーお察しの通りキョン君です。マガーラナイ!
その設定には文句ないがキョンがしゃべらねー。みんな大好き杉田智和の素敵ボイスがほとんど聴けないってどう言うことだ!!!
ちっきしょー!!!そのせいでゲームを買った意味の四割をそがれた気持ちがする。最近、小野Dの地声を聴きすぎて小泉に違和感を覚える。ドラゴンノーツも違和感を覚える。キャラ=小野Dだと考えるから駄目なんだな。困ったものです。
(ゲキのパープルの台詞「まいったぜ。」が「困ったものです。」から来てないことを祈る。)


あっここまで読んじゃいましたwネタバレ注意w注意だからwww

とりあえず1週目の水曜日までプレーした。4週間あってその間にゲームを製作する。もうお気づきの通りぜんぜんやってないから。それでこんだけ文句が言えるってだけでノーベルいちゃもん賞ですよ。

気になる続きは続きを読むからどうぞ~(あったらいいね。)

ゲームの内容はスケジュールを作って団員を動かす。(正しくはハルヒが作っためちゃめちゃなスケジュールを直す)
シナリオ作りとか、キャラ設定とか、グラフィックがどうの全部やるらしい。そしてそれぞれ団員によって効果やイベントが変わったりする。
一週間のうち一日ごと昼と放課後にスケジュール立てて、キョンは誰か一人の仕事を手伝うと言う話。
とにかく俺が苦手な分野であることは間違いない。クリアできるか以前に挑戦するかが問題だ。

つーかしろよ!しなかったらブログの意味ねーじゃん!頑張れよ!初恋のあの子も見てるはずだぜー!とかつっこまれたい、とゆいたい。

そしてゲーム作成のお手伝いとは大きく違ったもので、要は相手キャラのご機嫌取りをする。Dスティックの左で視線を動かせるのだが(よそ見機能)、それでじーっと見つめる。すると相手キャラの高感度が上がっていくシステム。1対1ならまだしも。4人同時に出てきたら視線をどう振り分けたら良いのやら。

つーかこれなんてエロゲだよ!…若干言い過ぎた。おーい!これなんてギャルゲだよ!てか小泉も攻略対象か!男だぞ!ガチホモですじゃすまねーぞ!おーい!

1週目月曜日(たぶん月曜日とかあったと思う)
この日にスケジュールが決まって何もしないと言う記憶。たぶんエピローグの日じゃね?あんまおぼえちゃいない。

1週目火曜日
昼に長門さんと屋上でしっぽり。なにかの資料集めしてた。ずーっと見てたらよろこんでいた。キョンすげー。

放課後はなぜかハルヒを手伝うことに。定例ミーティングのときによそ見機能で誰かを選ぶのか…そのまま動かしてなかった。ハルヒと2人で作業。長門と放課後デートはしなかった。そんなイベントがあることすら知らなかった。

家に帰ると妹をじっと見つめて終了。

1週目水曜日
昼に小泉にあった。世界観設定だと。長門が一日に2つ仕事があったのでチェンジした結果がこれ。ガチホモめ!しかし仲良くはなった。彼は電源を入れないゲームが得意らしい。

放課後は長門と共に作業。ずーっと見てるだけで高感度あっぷ。とんでもない視姦ゲームだな。


とこんな感じ。マジでもうゲームの感想とかやめたくなるくらいへたくそだ。マジで書くと糞長くなりそうなのでガッツリ大事なところも省いてお伝えした。正直キョン不足はいなめない。調子に乗って発売日に買ったわけだが1時間もプレーしてないんじゃなか。
いや詰まんないとかじゃなくて単純に疲れてるってのもある。しっかり時間があるときにやりたいゲームだと思う。いや時間はあるわけだが。

らき☆すたのゲームがガチでギャルゲらしいので回避(内容に限らず最初から買う気がなかったが正しい)したけどこれも高感度うpゲーだったらショックだ。嫌いじゃないがやっぱりやり続けるのは難しい。TH2すらクリアしてないのに(ちなみに1は勝手から5年後にクリアした。)

とにかくゲームを早く完成させて出来たゲームがやりたい。それがメインじゃろが!!!

あっ茅原実里 ってどんなキャラですか?まんとら見る限りイメージと違うんですけど。イメージってのはアルバムのCM聴いたイメージですけど。詳しい人は教えてください。おわり。

スポンサーサイト

2008-01-31 : ゲームセンターBJS : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

幕末次郎サル男

Author:幕末次郎サル男

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索