時代も世界も2ちゃんもすべてを支えるおっさん世代

いまいちカテゴリーに疑問を感じるがそれはご愛嬌

つい今の今まで「スマステーションの80年代洋楽ランキングベスト30」を見ていた。

TVを見るときは実況板にいるのが習慣になってきた。
書き込んで楽しむよりも反応を見たり、盛り上がった雑談から無駄な知識を得て楽しんでいる。

今日は凄い盛り上がりだった。80年代で盛り上がると言うことは俺よりも20前後くらい上の人たちが多いんじゃないかと思う。
僕が常駐する狼でもやっぱり年齢層はそれくらいの人が多いと聴くけれど掲示板越しではあまり実感がわかない。
だけど今日は企画が企画だけにその世代の人がみんな盛り上がってると感じた。

僕は音楽はしない人間であるからあまり敏感ではないけれど、やんわりとだけど何か飲み込まれそうな衝撃を感じてTV&PCの画面に見入っていた。
知ってる曲とかもいっぱいあって改めてこの時代の音楽の存在意義の高さを感じる。なんか先駆けって感じ、憧れって感じを強く感じる。
僕はお年頃の時に音楽をあまり聴かなかったので、大人になったときにこんなに盛り上がれるか心配だ・・・

また時代も素敵な時代だなと思う、出来ることなら時空を飛び越えて時間を共有してみたい。でもこの思いは自分の胸にしまっておくのが一番いいと今朝方気が付いた。
「昔はよかったな」なんて自分がうまれてもいない時代に憧れを抱くまではいいけれど、今の時代に向き合えなくなるのは違うなと「ちりとてちん」を見て感じた。

きっとそう思いながらおっさん世代は生きているに違いない。でも今を生きるにはそう言ったパワーをくれるもの。若い頃のパワーを蘇らせてくれるものが必要で、たまにみんなで集まって思い出す場があるのはいい事だと思う。

音楽は世界共通とかよく言う「歌は国境越えてどこまでも続くよ♪」と「ここにいるぜぇ!」でなっちも歌っていた。
世界中が世界中のありとあらえるものに影響を受けている中で自分の世界は結構狭いなと強く感じる。

今、音楽やってる人たちはきっとこう言うモノに触れて憧れながらすごしてきたんだと思う。それは日本とかアメリカとか関係なくてきっとたくさんの音楽を聴いた中からまた自分の好きな方へと進んでいるんだろうな。

僕は自分で音を作れないのでこの人たちはどんな気持ちで音を作り出しているんだろうと疑問に思う。想像してみてもこればかりははっきりとは分からないものである。でも表現することの楽しさは分かるのでなんとなくだけど気持ちは掴めた気分にはなれる。

幼少期か青年期かとりあえず若い頃に触れたものに影響されて人の表現方法って決まってくると思う。その頃はどっちかと言えば有り余ったエネルギーのはけ口かもしれない。

音楽に出会っていればギターを買ったり、ピアノを弾いたり、歌ったりする。スポーツだったら部活で汗を流すし、アートだったりしたら絵を描いたり、それは人それぞれ。悲しいのは自分を表現するものを見つけられなかった人だと思う。

つーか多分そんな人間はほとんどいないんじゃないかな。問題は何をアウトプットするかであって、どこにアウトプットするかじゃない。多分、自分の中に自分で出したりして楽しんでるズルい人間もいてると思う。そう言う人は本当にずるいこっちにもその楽しみを分けて欲しいと思ってしまう。

自分が影響受けて何かし始めたのに、それを外に出さないなんてずるい、せこい。俺にも影響与えてくれや!!!自分一人ではすべてのもの見きれんのだからお前が見てきたものをこっちにも見せて欲しい。

あと人間のつまらないところは完璧を求めるところ、求めるのは良いけどある程度のものじゃないとアカンと思ってしまうところだと思う。いいから今のお前を見せてくれと思うことも多々ある。

賃金の発生する仕事に関してはそれをやったらアウトかもしれないけど、自分の好きなことくらいちょっと変な方がおもしろいと思う。
自分が吐き出したモノが他人にどう受け止められるか、それを見て自分がどう思うのか、変わるのか変わらないのか。他人がそれをしてるのを見てどう思うのか。

なんかすべてが楽しみで仕方ない、それでいいんじゃないかと思う。

なんか足りなかったら誰かがそれ見て付け加えてくれるよ。自分のもの他人に取られるのはくやしいかもしれないけどねw
すべてが素直で新鮮なこの時代に僕らが素直に興味を抱くのはごく当然で、人間ってそんなに進歩してないなと思った。
僕もおっさんになった時にこんなの見て楽しそうに目を輝かせて語りたいものだ。

スポンサーサイト

2008-02-03 : 社会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

幕末次郎サル男

Author:幕末次郎サル男

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索