ハロコン一日目

エルダが卒業と言うことでハロコン初参戦のサル男です。

昨日は体力が1の瀕死状態でレポラジが中途半端な感じになってしまい申し訳ありませんでした
簡単にここにまとめておきます。

初めてのハロコンと言うことで少し不安もありましたが、一言で表すならば「ものすんごく楽しかった」です。
今までは美勇伝(初回以外)、ベリコン×2、ベリキュー合同×1、娘×1と言う感じで現場を回ってきました。残念ながら娘。最盛期のコンサートに入ったことがなくそれだけが心残りでした。なので今回のエルダメンには感激しっぱなしでした。

会場に入る前から驚きの連発でベリきゅーコンと同じ会場なのに、ものすごい人がたくさんいるように感じ、更に熱気にあふれ、これがハロプロだよなとニヤニヤしながら周りをうかがっていました。

一曲目「雨の降らない星では愛し合えないだろう」の二番からエルダメンが登場には23のおっさんにも関わらず思わず泣いてしまいました。
初めてなっちやかおりん中澤さんなどの4期メン以前のメンバーにメロンに会うことが出来て、俺のヲタ人生の憂いがいっぺんに晴れ、ひとしきり感激しまた。ほぼ謁見と言う形に近い位感動。自分はモーヲタなんだなって実感しました。

タンポポ、プッチ、さくら、おとめ、初期メンのモーコー、キミティのロマモーにメロンの運命、あややのめちゃホリと笑顔で涙。全てが当時に自分を戻してくれて、純粋な気持ちで楽しんでしまいました。もう辻ちゃんも矢口もミキティも何もかもが感動。良く帰って来たな、これからも頑張ってくれと心から思えるそんな記念の瞬間でした。
ガキさんがよっすぃ~卒業の時に「私のモーニング娘。がいなくなっちゃう」と言っていましたが、今回のエルダ卒業は俺にとってまさしくそれに等しい出来事なんだなと改めて感じました。

ちなみ(非徳永)にですが、僕は娘。の中でも5期が大好きです。そんな僕がコンサートの中でも興奮したのが好きな先輩。こんまこ卒業以来、コンコンもいなくなりマコも留学。あの時、参加できてない僕がまさかこの曲に出会えるとは…
あぁなぜかあまのじゃく素直な子になれません。人生にとってこれほど僕のことを表した歌詞が今までにあったでしょうか。5期と僕にはたくさん共通点があり、それ故にいつまでも応援していきたいなと思う子たちばかりです。しかしながら今回の卒業で5期は二つに分断されてしまい、これがもしかしたら最後の好きな先輩になるかもしれない。そう思うと、この場に自分が立ち会えたことがとても嬉しいと同時に寂しくて仕方ありません。

娘。で言うならばラブマを踊れたこと、そして永遠のNo.1ソングここにいるぜぇ!が聞けたこと。これには感謝以外の言葉が思い浮かびません。WowWowWowみんなロンリーボーイ&ガール(ここにいるほとんどがロリコンボーイですが・・・)なんていいながら。みんなで一つになっちゃう感じが最高の瞬間でした。ただひとつ欲を言うならば加護ちゃん・ごっちんをはじめ、今まで卒業したメンバーも見てかったなと言う気はします。

またベリキューには良いライバル関係が生まれて、2組の気合いがビシビシ伝わってきましたし、音楽ガッタスには新しい風を感じました。なによりコレティが仙石ちゃんよりもええ体をしていることが印象的でした。期待の新星、アイスクリー娘はみんな一生懸命で初々しくハロプロの新人らしさが出てて非常に好印象でした。

そして何よりも美勇伝の復活が嬉しくて仕方ありません。「いや、お前エルダコン行けや」と言う声が聞こえてこない気もしなくはないですが、ここで美勇伝に会えたこと、2008年6月29日で終わったと思ったあの瞬間に戻れたことが嬉しくて嬉しくて仕方なかった。これが本当のLast of V-U-DENだと思うと、寂しいかもしれませんが一回死んでるので逆にテンションが上がりまくりでした。そして結局、梨華ちゃんありきかーwと最終的に納得させられました。

唯やんの出番がめちゃめちゃ少ないなと思いながら、でも全体的にみんなちょいちょいだしなと納得させながら見ていました。ここで強く感じたのが岡田唯に対して異常なまでに女を感じてしまっている自分。自分でも自覚症状がありながら、本人を目の前にしてしまうと抑えきれない興奮はもう正気の沙汰ではなく、彼女の声、表情、しぐさ、一つ一つがヲタであるサル男を飛び越え本来の僕自身が、アイドルである岡田唯ではなく一人の女性として人間として彼女の魅力にどっぷりとハマってしまっているんだなと感じました。

また余談ですが、唯やんのお辞儀に注目してみてくださいよ。他の子は手を振ったあとに、そのまま広げてお辞儀したり、後ろで組んでお辞儀してみたりしてますが、唯やんだけは前で組んでお辞儀してますから。えぇここまで言えば分かるでしょう、何を見たらいいのかが。

さて、今日が2日目ラスト公演ですが気合入れていかなければなりませんね。

この公演が終わると幕末次郎サル男は死んで新たなサル男が生まれると僕はにらんでます。新世紀次郎サル男か花子イヌ男らへんになると思います。簡単にとか書いときながらガッツリと書いてる感は否めませんが、これでも簡単な方です。

ハロプロが出来て10年、出会って9年本当に楽しかった。そしてこれからももっともっと楽しませて欲しいなとそう感じたコンサートです。今からでも遅くないですから迷ってる人は是非会場に足を運んでください。
スポンサーサイト
2009-02-01 : Hello!Project : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

幕末次郎サル男

Author:幕末次郎サル男

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索